Tap to close

ゴルフ肘について

ゴルフ肘について

京都 烏丸院京都 今出川院

ゴルフ肘について

テニス肘や野球肘などという言葉を聞いたことがある人は多いかもしれませんが、似たような症状としてゴルフ肘と呼ばれるものがあります。ゴルフをする人にとっては馴染みのある言葉かも知れませんが、ゴルフならではの動きによって発症するスポーツ障害の一つです。

ゴルフの初心者でも、ゴルフに慣れ始めた人でもなる可能性があるため、症状と原因についてしっかりと把握しておくことが求められます。

ゴルフ肘の症状と原因

ゴルフ肘の正式な名称は上腕骨内側上顆炎と呼ばれるスポーツ障害です。ゴルフのスイングやフォームならではの症状によって発生し、肘の内側の部分にある骨の出っ張り部分が痛くなるものです。一度発症するとスイングをする際に痛みが発生するだけではなく、日常生活の中で腕を曲げたり引っ張る、手を強く握るなどの動作をした際にも痛みを伴うことになるため、日常生活や仕事に支障をきたすこともあるでしょう。

このスポーツ障害は、ゴルフが上手な人には起こりにくく、始めたばかりの人や少し慣れてきた人に起こりやすい症状だと言われています。また老化によって中高年の年齢にあたる人も発症しやすい症状です。 主な原因としては、無理なスイングのし過ぎや手首や腕の使い過ぎによって疲労が蓄積することで炎症を起こし、痛みが発生します。

クラブを握る手が力んでいたり、スイングをする際に肘が突っ張った状態で振り抜いている、体全体を使うのではなく、手で打つ状態になっているなどが具体的な原因と言えるでしょう。

ゴルフ肘でお悩みなら当院にお任せください

ゴルフ肘でお悩みなら京都市にある京都中央整骨院 烏丸院にお任せください。

当院では丁寧なカウンセリング・検査で本当の原因を特定し症状を根本改善・再発予防へと導きます。また、丁寧なカウンセリングで症状だけでなく、症状に影響しているであろう生活習慣など悩みと背景を聞いていきます。お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

四条烏丸院へのお問い合わせ

おすすめの関連記事

  • 四条烏丸 中央整骨院/はり灸院
  • 京都中央整骨院 はり灸院 今出川院
  • 京都中央美容鍼灸/整骨院 山科院