Tap to close

変形性股関節症について

変形性股関節症について

京都 烏丸院京都 今出川院

変形性股関節症について

変形性股関節症の症状と原因としては、足の付け根(鼠頸部)にある股関節の痛みがあり軟骨の摩耗や関節の変形で発生します。症状は太ももの前か横に痛みが出るもので、具体的には起き上がり時や立ち上がり時や歩き始めに痛みが出るパターンがあります。関節が痛む以外にも、関節が動きづらいと言うものや両足の長さが違ってくると言った症状も起きます。

変形性股関節症の症状

関節に違和感を感じるのは初期の症状で、症状が進むと痛みを感じるようになり安静にしていても痛みが出て睡眠時も痛むほどになり、長時間歩いたり正座をしたり靴を履くと言った行動も困難になり日常生活に支障が出てくるようになります。

加齢によるもの(一次生)と他の原因(二次性)

原因となっているのは、関節軟骨(大腿骨(脚の骨)と骨盤との間にある軟骨)がすり減ったり骨が変形してしまう事により、加齢によるもの(一次生)と他の原因(二次性)があります。また変形性股関節症80%は二次性による原因で、生まれつきによって骨が小さいと言うものや、股関節の病気や外傷(骨折や脱臼など)や痛風や化膿性関節炎などによる炎症によっても起きてしまいます。

股関節の症状は女児に起きやすいものであるため、大人になっての変形性股関節症の発症は女性が多くなっている事の背景になっています。また股関節の痛みには腰や腰と骨盤との関節の仙腸関節が原因になっている場合もあり、またどちらも悪化していると言うパターンもあります。すり減ってしまった軟骨は戻る事はないので、違和感を感じた時点で対処する事が求められます。

変形性股関節症でお悩みなら当院にお任せください

変形性股関節症でお悩みなら京都市にある京都中央整骨院 烏丸院にお任せください。当院では丁寧なカウンセリング・検査で本当の原因を特定し症状を根本改善・再発予防へと導きます。また、丁寧なカウンセリングで症状だけでなく、症状に影響しているであろう生活習慣など悩みと背景を聞いていきます。お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

四条烏丸院へのお問い合わせ

おすすめの関連記事