Tap to close

足底筋膜炎について

足底筋膜炎について

京都 烏丸院京都 今出川院

足底筋膜炎について

足底筋膜炎は、足の裏のかかとに近い側に痛みを感じる病気です。陸上競技の選手などに多く見られますが、中高年を中心に一般の人にも発症例が見られます。 足底筋膜とは、かかとの骨を中心にして指の付け根の方へ扇状に広がっている腱のことをいいます。

この組織はアーチ状になっている足の甲の骨を支えるとともに、足の裏にかかる衝撃を和らげる役割を担っていますが、この足底筋膜が炎症を起こすのが足底筋膜炎です。

足底筋膜炎の症状と原因

症状

この病気の症状と原因は、次のとおりです。まず症状は足裏の痛みですが、主としてかかとの骨付近で痛みを強く感じます。土踏まず辺りに生じることもあります。症状の出方としては、朝起きてからの歩き出しの数歩が特に痛むが、しばらく歩いていると痛みが軽くなるというケースがよく見られます。

長時間座っていた後に歩き出す時にも、同様の症状が起こります。発症の原因は足底筋膜への負担が過大になり、組織に故障が生じることです。

具体的な要因

具体的な要因はいくつかありますが、スポーツはその主なものの1つです。ランニングやジャンプを繰り返すことは、足裏に大きな負荷をもたらすこととなります。また、長時間の立ち仕事などを続けていると、やはり炎症を起こしやすくなります。さらに、肥満や足に合わない靴を履き続けていることなども、発症の要因になり得ます。

加齢

加齢に伴う組織の老化も、症状を引き起こす原因になります。腱が柔軟性を失い、衝撃を吸収しきれなくなると、負荷に耐える力が低下します。

足底筋膜炎でお悩みなら当院にお任せください

足底筋膜炎でお悩みなら京都市にある京都中央整骨院 烏丸院にお任せください。

当院では丁寧なカウンセリング・検査で本当の原因を特定し症状を根本改善・再発予防へと導きます。また、丁寧なカウンセリングで症状だけでなく、症状に影響しているであろう生活習慣など悩みと背景を聞いていきます。お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

四条烏丸院へのお問い合わせ

おすすめの関連記事

  • 四条烏丸 中央整骨院/はり灸院
  • 京都中央整骨院 はり灸院 今出川院
  • 京都中央美容鍼灸/整骨院 山科院