Tap to close

シーバー病について

シーバー病について

京都 烏丸院京都 今出川院

シーバー病について

シーバー病の症状と原因ですが、まずシーバー病は踵骨骨端症の別名です。10歳ぐらいの男の子に多い病気であまり大人はなりにくい傾向があります。症状としてはかかとが腫れて歩行する時に痛みが出ます。痛みの部類としては圧迫されるような痛みを感じることが多いです。

痛みと言っても人によって痛みの具合の個人差は出てきます。日常的に生活をする上であまり問題ない程度の人もいれば、歩行が困難になり生活に支障をきたしてしまう場合もあります。

シーバー病の原因

シーバー病の多くの原因は過度な運動によるものです。成長期の子は大人に比べると骨がしっかりしていないため、骨が未熟です。運動により未熟な骨に負荷がかかるとシーバー病になる確率が高くなります。少しの運動ならば問題ありませんが毎日にように過度な運動を行うと負荷が強くなり痛みが出て来るのです。

シーバー病でお悩みなら当院にお任せください

シーバー病でお悩みなら京都市にある京都中央整骨院 烏丸院にお任せください。日常生活に影響が出る前に出来るだけ早いうちに当院へ来院されることをおすすめ致します。また、シーバー病が治った後でも運動を再開することで再発してしまう可能性があります。

当院では丁寧なカウンセリング・検査で本当の原因を特定し症状を根本改善・再発予防へと導きます。また、丁寧なカウンセリングで症状だけでなく、症状に影響しているであろう生活習慣など悩みと背景を聞いていきます。お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

四条烏丸院へのお問い合わせ

おすすめの関連記事