Tap to close

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症について

京都 烏丸院京都 今出川院

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症は、脊柱の中の管のような空間が狭くなっていく病気で、途中で休まなければ歩くことが出来なくなったり前のめりの姿勢になってしまったりするものです。

高齢者に多い病気ですが、若い人の中にも脊柱管狭窄症を患う方はいます。では、症状と原因はどうなっているでしょうか?そもそも脊柱は、椎骨が複数連なってできています。それぞれの椎骨にはあながあいており、この椎孔が連続してできる縦長の空間が脊柱管です。脊柱管の中には硬膜嚢と呼ばれる液体が入った袋が通っていて、その中に神経があります。

脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症とは、その硬膜嚢の周囲にある靭帯などの突出が原因で狭くなり、神経が圧迫されるという病気です。多くの場合、原因は加齢です。年をとるごとに椎間板のクッションの役割が果たせなくなっていき、後ろ側へと飛び出すように変形します。

それによって背骨が支えられなくなり、靭帯が過剰なストレスを受けて分厚くなります。加齢による原因が多いですが、看護師や介護士など他人の体を持ち上げたりなどを日常的にする方にもよく起こります。

典型的な症状としては、長時間歩けなくなってしまったり、腰や足に痛みやしびれが起こるというものです。腰痛が多くなっていますが、膝に痛みが出る方もたくさんおり、膝の痛さを悩んで受診し病気が発覚することもあります。また、排尿障害の症状が出てしまう方もいらっしゃいます。

脊柱管狭窄症でお悩みなら当院にお任せください

脊柱管狭窄症でお悩みなら京都市にある京都中央整骨院 烏丸院にお任せください。
当院では、まず今の状態を知る為にしっかりと問診をします。身体の状態を把握し、悪い原因を見つけます。個人個人にあった、ポイントと施術時間で、より最大限に効果がでるように施術してまいります。

施術をする前とした後では、どれくらい体に変化が起こっているのかを確認し、今回行った施術に対しての解説を行っております。お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

四条烏丸院へのお問い合わせ

おすすめの関連記事

  • 四条烏丸 中央整骨院/はり灸院
  • 京都中央整骨院 はり灸院 今出川院
  • 京都中央美容鍼灸/整骨院 山科院