Tap to close

ばね指について

ばね指について

京都 烏丸院京都 今出川院

ばね指について

ばね指とは、手指に起こる腱鞘炎のことです。ゴルフやテニスをしている人など手指を酷使している人に起こりやすい疾病と言えます。そもそも人間の指にはスムーズに曲げ伸ばしできるように腱があるのですが、その腱を支える腱鞘が炎症を起こすことが原因と言われています。

女性の方がばね指になりやすく、産後に赤ちゃんの育児や家事を両立している際に指先を使い過ぎて発症するケースも少なくありません。
また、近年ではパソコンやゲーム機、携帯などを長時間使うことによっても生じることが多いです。

ばね指の症状

ばね指になると、指の曲げ伸ばしに必要な腱や腱鞘が大きく腫れてしまうのが特徴的です。そのため、指を動かすと腱が腱鞘を通るたびに擦れることから、強い痛みを感じるようになります。時には手指が熱を持つこともしばしば起こります。

さらに、腱がスムーズに通らなくなるために、無理に指を曲げようとするとひっかかるような違和感を感じるケースも少なくありません。手指の炎症がひどくなっていくと、親指や小指に強い痛みを感じて曲げることができない、勝手に曲がってしまって元に戻らないなどの症状も起こります。このような症状は、一日のうちでもとりわけ朝に強くあらわれます。

ばね指でお悩みなら当院にお任せください

ばね指でお悩みなら京都市にある京都中央整骨院 烏丸院にお任せください。

ばね指はそのまま放置していても自然に治るということはありません。したがって、先ほど紹介した症状と原因に当てはまることがあるようならば、早めに当院を受診して治療を受けることが非常に大事です。

当院では丁寧なカウンセリング・検査で本当の原因を特定し症状を根本改善・再発予防へと導きます。お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

四条烏丸院へのお問い合わせ

おすすめの関連記事