Tap to close

腱鞘炎について

腱鞘炎について

京都 烏丸院京都 今出川院

腱鞘炎について

腱鞘と呼ばれる指を動かすために重要な役割を果たしている組織がありますが、この部分に炎症が生じて指や手首などを動かした特に強い痛みが発生したり、熱感を伴う症状のことを腱鞘炎と呼んでいます。

近年ではスマートフォンが大きく普及して常に利用しているという人も多いことでしょう。このスマートフォンの操作が腱鞘炎を招く可能性もあり、その症状と原因を知り予防することが大切です。

腱鞘炎の原因

腱鞘炎の主な原因として考えられるものの一つに、長時間のスマートフォン操作が挙げられます。スマートフォンを使う時のシーンを考えてみると分かるかもしれませんが、片手の親指ばかりを使い操作している人も多いことでしょう。これは現代人にとっては無意識的に行うなじみのある動作の一つと言えますが、これを長時間続けることで、親指はかなり酷使されることになってしまいます。

これにより腱鞘炎を発症する可能性が高まります。特に画面が大きいスマートフォンを使っている場合には注意が必要です。画面が大きければ親指を大きく動かさなければ操作することができないので、さらに大きな負担がかかることになるでしょう。

そして長時間のパソコン作業も注意しなければなりません。その中でもタイピングがはやい人は手首を激しく動かすことにもなるので、なりやすい傾向にあります。長時間のゲームプレイも同じようなことがいえるでしょう。 そしてグリップやボールなどを握るスポーツに携わっている人も腱鞘炎になりやすいとされています。

握る動作は指や手首には大きな負担をかけることになり、これに加え打ったり投げる動作によって強い衝撃が加わると、さらに負担を大きくしてしまいます。

腱鞘炎でお悩みなら当院にお任せください

腱鞘炎でお悩みなら京都市にある京都中央整骨院 烏丸院にお任せください。他の整骨院や別の病院に行っても痛みが良くなっていないのなら、本当の原因にアプローチできていない可能性があります。

当院では丁寧なカウンセリング・検査で本当の原因を特定し症状を根本改善・再発予防へと導きます。お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

四条烏丸院へのお問い合わせ

おすすめの関連記事