Tap to close

胸郭出口症について

胸郭出口症について

京都 烏丸院京都 今出川院

胸郭出口症について

胸郭出口症とは、胸郭出口と呼ばれる部分が圧迫されることで肩や腕、手などに痛みやしびれが生じることをいいます。首には様々な神経や血管が密集しており、腕を司る神経は胸郭出口を通って腕にまでつながっています。

胸郭出口は、鎖骨と助骨の一番上の部分、斜角筋がつくる隙間にあります。胸郭出口には狭くなっている部分があり、そのような場所で圧迫が起こると腕や肩の運動に関わる神経や動脈に障害が起こるのです。

胸郭出口症の症状と原因

胸郭出口症の症状と原因を挙げると、まず肩や腕の痛みがあります。肩こりと認識している人も多いようです。手や指が動かしにくかったり、指先が冷たく感じたりすることもあります。人によっては顔面にしびれや違和感を感じたり、頭痛などの症状がでたりします。

その原因には、姿勢の悪さなど生活スタイルが大きく関係していると言われています。なで肩で筋肉量が少ない女性に多い疾患ですが、筋肉のある男性が発症することもあります。重い物を持つことが多かったり、長時間同じ姿勢を続けていたりすると発症しやすくなります。

また、ストレスを感じたり睡眠が不足したりすることも影響を及ぼすとされます。胸郭出口症はできるだけ姿勢の良い状態を保つことが大切です。重い物を持たないようにすることも大事です。筋肉をほぐして血行を良くすることで症状を緩和できます。

胸郭出口症でお悩みなら当院にお任せください

胸郭出口症でお悩みなら京都市にある京都中央整骨院 烏丸院にお任せください。
他の整骨院や別の病院に行っても痛みが良くならない方、それは・・・本当の原因にアプローチできていない可能性があります。当院では丁寧なカウンセリング・検査で本当の原因を特定し症状を根本改善・再発予防へと導きます。お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

四条烏丸院へのお問い合わせ

おすすめの関連記事